裁判官を罷免するかどうかを判断する裁判について

ドラム裁判官は、裁判を通じて国民の権利を守るという重要な役割を果たしていますので、外部からの不当な圧力を受けて判決がねじ曲げられたりすることがないよう、憲法のなかで手厚い身分保障が認められています。
しかしながら、裁判官として国民の負託に応える上でふさわしくないような行動があった場合については、例外的に、裁判官を罷免させることができるようになっており、そのための裁判が、罷免訴追事件の裁判とよばれているものです。
この裁判は、日本国憲法および弾劾法とよばれる法律の規定にもとづいて行われるもので、普通の裁判とはかなり様相が異なっています。
まず、この裁判については、地方裁判所などの通常の裁判所で行うのではなく、国会議員から選ばれた裁判員によって組織された、弾劾裁判所とよばれる特別な裁判所によって行われることになります。
ここで証拠調べや口頭弁論などによって審理を尽くした後、最終的には裁判員による評議によって、その裁判官を罷免するかどうかが決定されることになります。
審理に関わった裁判員の3分の2以上が、もし罷免をすることに賛成をした場合には、罷免の判決が下され、その裁判官はその職を失うほか、退職金が支給されることもなくなります。

Filed under: 未分類 — しんじ 10:51 AM